恒例の国際交流フェスティバルin佐久_大盛況!

9月23日、毎年東信地区の恒例行事となった、
国際交流フェスティバルin佐久(佐久市野沢会館)に出展しました。

あいにくの雨でしたが、県内各地からOBOGが総勢12名も
集まり、機動力を活かして1時間で準備完了!

パナマOBのY氏による怪しい売込み&
バングラOG、Bさんによる懇切丁寧な説明が
功を奏して、かなりの売り上げがあった模様。
パナマOG、Tさん作のチチェメも
女性を中心に「甘くておいしい♪」とうけていました。

また、恒例の
・これは何でしょう?、現地語でこれは何でしょう?クイズ
・パプアのおやつ「サクサク」

いずれも怪しさ抜群でした。
M会長&M先生、Fさん(マレーシアOB)がブースの奥に控えている様は、
占いコーナーか、はたまたラジオ人生相談のコメンテーターか!?

そんな怪しさももろともせず、スタンプラリーの子供たちは、
我も我も、と行列のできる相談室でしたね~

個人的には米の消費拡大を兼ねて、
サクサク(米粉によるバナナとココナツの薄焼き)が好評で、
用意したレシピ100枚が全てなくなったこと、
パプアOBが3名も集結したことがうれしかったです♪

イベント初参加のOさん(ザンビア)、Tさん(パナマOG)
サクサクの説明ありがとうございました!

主催者側によると参加者約2,800名とのお話!
家族連れや子供たちが多かったので、
応募相談はやや少なかったですが、
具体的な相談もありました。

トウモロコシのジュースとか、
バナナ味の薄焼きっぽいもの食べたな~
変なおじさんに変なグッズ持たされて、
「正解はパンツです!」なんて言われたな~

子供たちにそれだけでも印象が残れば、
よし、としますか(笑)

片付けも30分で終了!
その後、野沢会館前のスリランカ料理「スジャータ」で
しっかり慰労をして、それぞれ帰途につきました。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました。


One Response to “恒例の国際交流フェスティバルin佐久_大盛況!”

  1. お世話になります。とても良い記事ですね。