ネパールダンス

8月29日(日曜日)松本市でありました、16年度3次隊ネパールに野菜隊員で派遣されておりました三村和代OGの南アジアのほほえみイベント報告です。

 

現在、雪印乳業でチーズの研究開発をされて、多忙な中であるにもかかわらず、精力的に自らの派遣国はもとより、南アジアの文化や芸術を紹介する活動をされています。

当日は私、OB会長をはじめ、ネパールOBの野村さん、訓練所職員でマレーシアOBの福永さんが鑑賞いたしました。


 

ネパールにも少々縁のあるOB会長の感想、
 

三村さんの「派遣中ホームシックになったとき村のおじさんに教えてもらった踊りです。」の紹介から始まったネパールダンス。これを拝見した時、ネパールヒマラヤの山を脳裏に描きました。特に三村さんの踊る姿は、チョゴリザという、愛らしくやさしく美しい山を思い出しました。

彼女が任国でどのように活動されたのか、いかに現地にとけ込んだ任期を過ごしたのか垣間見た思いでした。


Comments are closed.