Archive for the ‘東北関東大震災’ Category

訓練修了後の隊員たちが被災地ボランティアに

火曜日, 6月 14th, 2011

6/9、23-1次隊の修了式のあと、有志の隊員たちが岩手県の被災地ボランティアに向かいました。

駒ヶ根訓練所からは57名、大阪からは20名、岩手県遠野市を拠点にする現地のネットワークNPOによる受入れにより、

陸前高田市、大槌町での作業を行ないました。

三陸鉄道の瓦礫撤去、田んぼの用水路の泥出し、家屋跡の清掃など、他の参加団体と共に、黙々と作業に励みました。

果てしなく広がる被災現場。人の手でできることは何と限られているんだろう、という限界と同時に、重機では入れず人の手でしか

できないところもある、ということも実感し、たとえ微力でも何か行動につなげていくことの重要さを、それぞれの隊員が実感していたようです。

日本でも、任国でも、その時の自分ができることを模索していくことは共通していて、この経験は2年間できっと無駄にはならないはずです。


今後のボランティア(続)

月曜日, 4月 4th, 2011

有志でお手伝いをしている栄村ボランティアの件です。

ボランティアの受け入れは、現地のNPO法人栄村ネットワーク等が中心に行なわれていますが、現在の状況をブログで発信しています。

http://sakaemura-net.jugem.jp/?cid=5

これによると、現在のところ、ゴミ出し・片付け、といった作業がひと段落し、住民の方からの要請数は減っているとのこと。
外部からのお手伝いについては、GW周辺に普請などの作業で人手が必要になるまで、ひとまず様子見でお願いします、とのことでした。

OBの方を中心に何人かお問い合わせをいただきましたが、このような状況ですので団体として行くのはしばらく保留ということになります。
ボランティアに手を挙げて下さっている方には、追ってまた状況をお知らせしたいと思います。
上記のサイトでも随時、状況をご確認ください。


今後のボランティア

火曜日, 3月 29th, 2011

以下、報告をしていただいた通り、先週末もOB会として数名でお手伝いさせていただきました。

「自分たちで何とかする」という意識の高い村の方々の強さを感じつつ、寒さと疲れが休まらない中でのご苦労をひしひしと感じました。

写真は松本会長が家具の修復作業を行なっているところです。

家屋内の片付けなど、女性でも充分お手伝いできる作業がありました。
今後、週末を中心に継続してお手伝いしていく方向です。
参加希望される方は人数をまとめますのでご一報ください。